秦基子

記事一覧(74)

コラム 殻を破る 壁を破る

殻を破る 壁を破る昨年日本が善戦したサッカーワールドカップで守備の中核としてフル出場した富安選手を覚えていますか。彼の守りでチームは何度もピンチを逃れることができました。その富安選手は大会が終わった今、古巣のアーセナル(イングランドの強豪チーム)に戻り新しいチャレンジを始めています。その富安選手が、2023年の自身の目標として掲げた言葉が冒頭の言葉です。殻を破る、壁を破る。この言葉を目にしたとき皆さんは自分に置き換えて【どんな殻、どんな壁】を思い浮かべますか。殻を破る、ということは殻に閉じこもっている自分を解放してあげる、、、そんなイメージですよね。ではその殻は誰が自分にかぶせたのでしょうか。アカウミガメは、親亀が殻のまんまの自分を生んで、しばらくたった時自分で親が用意したその殻を自分の力で破って出てきます。我々で言えば親や周囲・上司が自分の意思とは関係なく殻や壁を用意し、その中に閉じ込められているケースもあるでしょう。でもすべてがそうではなく、何となく自分で殻を作ってしまっていることってありませんか。いずれの場合も、殻に閉じこもっている限り外の世界を見聞きすることはできません。では、殻に閉じこもっていさえすれば安全か、といえばそんなわけでもありません。環境は時々刻々変わってゆきますから、閉じこもり続けると浦島太郎さんにもなりかねません。さて、あなたは此処まで読んでみてどのように感じられましたか。確かに殻を作ってるなあとか、なんか殻から抜け出せてないなぁとか。壁を破る、ということもほぼ同義語ですよね。知らずしらず周りの意向や勢いにおされ壁を作っているのは実は自分自身だったと気づいたとき、破ってみたい、超えてみたいって思えませんか。それが自分の望むものだと気づけば勇気も沸きます!                              まこと

コラム 結果目標とプロセス目標

結果目標とプロセス目標 明けましておめでとうございます。寅年から兎年に変わったこれから、我々の生活環境はどのように変化してゆくのでしょうね。経済界では【ウサギは跳ねるから今年はきっと景気が良くなる!】なんて、まるで他人頼みの願望が語られたりしますが、さてどうなるのやら。新年のコラムのテーマを、夢を現実にする【結果目標とプロセス目標】にしました。私たちはいつも何かにチャレンジし、自分の可能性を高める取り組みを行っています。その思いや努力は評価されます。そこで、皆さんそれぞれがチャレンジする目標について考えてみましょう。例えば今年はぜひ○○の資格を取ろう!と決意したとします。その目標は自分が決めたもので試験に合格し、資格を取得することで今までできなかった専門性の高い仕事にチャレンジできるという夢も広がります。自分で描いた夢に向かってのチャレンジですから、真剣な学びにつながります。その過程での課題は何でしょうか。合格し資格を取得する=これは最終の結果目標です。一方のプロセス目標は合格を勝ち取るための様々な事前準備です。*過去問題と出題傾向の分析*受験者数の推移と合格レベルの把握*模擬テストで誤りやすい課題への反復練習*受験時の時間配分と取り組み方などなどち密に準備を行い、自分の課題(弱みと言ってもよいでしょう)の把握と弱点の修正(緊張しやすい、焦ると思考が止まってしまうなど)は、本番に望んでからできるものではありません。プロセス管理を日ごろからち密に行っておけば万全です。ボーリングゲームでも、200点越えを目指しても1投目、2投目を外した瞬間、200点は夢に終わります。息を整えて、ゆっくりとアプローチし、目の前のスパットに正確に球を落とす。この目の前の行動に集中して取り組むと、結果200点が出せたとなるのですね。結果目標を手に入れるためにも、プロセスを大切にしたいものです。

コラム 本音で語る

コラム 我慢しない

我慢しない日本人は他国民に比べ、我慢強いといわれています。相変わらずのマスクの着用。同じくいつトンネルから抜け出せるのかわからない不況と物価高。国民はひたすら耐えています。政治家は日本の物価上昇が他国に比べれば低いからと説明をしていますが、何のことはない。企業は値上げしたくても消費意欲の低下を恐れ値上げに慎重。国民は国民で一生懸命始末をして春が来るのは待ち続ける。欧米なら政変が起きてもおかしくない状況にも表向きには我が国は穏やかである。私はあえて、言いたい。そろそろ我慢をするのはやめにしましょう!おかしいと思ったことはおかしいと口に出して叫びましょう!筆者は子供のころから我慢ができない困った子でした。もうちょっと辛抱しなさい!とか〇〇ちゃんも我慢してるんだからといつも親に言われていました。我慢できないのは人間として未熟だから。我慢は大人への試練。と親や先生は諭していました。それがいつの間にか身についてしまって、我慢ができる大人になってゆく。それでよいのでしょうか?親や先輩の言葉に従順であることがそれほど大切でしょうか。大切な自分自身の人生を思うとき、まず従うべきは周りの声ではなく、自身の思いであり願望であり夢であるべきではないでしょうか。我慢できずに発信・行動すれば時に軋轢も生まれます。疎まれることや、不利な立場に立つ場面もあるかもしれません。それでも、自分に正直に自分の意思を押しとおす強さが今必要ではないでしょうか。過去の事例や言葉が通用しないこれからの時代に生きてゆくキーワードは【我慢しないで我を通す】ことだと思うのですが。